よもぎ蒸しのデメリットとメリット

Mugwort-steamed-demerit
目次

よもぎ蒸しのデメリット

よもぎ蒸しは、自宅で簡単に蒸せるキットの販売も増えており、近年人気のあるアクティビティです。しかし、正しい方法で行わなければ、日常生活に支障をきたす危険性もあり、注意が必要です。今回は、よもぎ蒸しの短所と、これから行う場合に注意すべき点をご紹介します。

よもぎ蒸しのデメリット1:臭いが残る

よもぎ蒸しのデメリットとして、嫌な臭いがすることが挙げられます。よもぎ蒸しを終えた後も、部屋や服によもぎの臭いが残ってしまうことがあります。そのため、同居している人に迷惑をかけたり、臭いが原因で日常生活に支障をきたす可能性もあります。蒸した後はなるべく早く部屋を出て、着替えたりシャワーを浴びたりして、臭いが残らないようにしましょう。

よもぎ蒸しのデメリット2:熱さ

よもぎ蒸しのデメリットは、部屋の中が暑くなることです。窓を開けたり扇風機を使ったりしないと、すぐに暖かくなりすぎてしまうのです。そうすると、汗をかいて不快感を感じたり、脱水症状を起こしたりする可能性があります。この問題を避けるためには、部屋をできるだけ涼しく保ち、窓を開けて新鮮な空気を取り入れるとよいでしょう。

よもぎ蒸しのデメリット3:お手入れについて

よもぎ蒸しを安全に行うためには、道具のセッティングや蒸す際の注意点があります。設置場所を清潔にすること、水温を安全な温度に保つことが大切です。油断すると、蒸気でやけどをしたり、お湯でやけどをしたりする可能性があります。説明書をよく読んで、注意事項を確認することが大切です。

よもぎ蒸しのデメリット:スペースが必要

よもぎ蒸しキットを使用するためには、それなりのスペースが必要です。蒸し器も蒸す人もゆったりと入れる場所に設置する必要があります。そうでないと、うまく使えなかったり、危険だったりします。このような問題を避けるために、安全にスチームできる十分な広さのスペースを確保するようにしましょう。

よもぎ蒸しのデメリット5:汗や蒸気の垂れ流し

よもぎ蒸しのデメリットとして挙げられるのが、蒸しクッションから滴り落ちる汗や蒸気です。座布団が熱くなると汗が出るので、バランスを取りづらくなることがあります。蒸気が熱いので、クッションは触ると不快になります。最悪の場合、火傷や怪我をする可能性もあります。これを防ぐには、使用後に湿らせた布で拭き、クッションが熱いうちは触らないようにしましょう。

よもぎ蒸しをやってはいけない場合

よもぎ蒸しは、やってはいけない時期があります。妊娠中は、蒸気で体温が上昇するため流産の危険性があります。そのため、よもぎ蒸しは妊娠中は行わないようにしましょう。

生理中は、よもぎ蒸しをしない方が良いとされています。これは、月経周期が蒸気の影響を受ける可能性があるためです。蒸気が過去の生理痛を呼び起こし、エンドルフィンが放出されることで、生理周期が阻害されることもあるのです。

お酒を飲んだ後に、よもぎ蒸しをするのは好ましくありません。アルコールが入った状態では、蒸気が体にとって過剰に作用してしまうからです。蒸気が体内の毒素を排出するので、蒸気の効果で嘔吐や気絶をしないように控えることが大切です。

よもぎ蒸しのメリット

よもぎ蒸しにはデメリットもありますが、メリットもあります。(1)リーズナブルな価格であることよもぎ蒸しキットは、温泉やサウナに行かなくても自宅でできるため、比較的リーズナブルな価格設定になっています。また、友人や家族と一緒にできる手頃なアクティビティでもあります。(2)健康への効果よもぎ蒸しは、血行促進や精神的な健康に良い影響を与えることが分かっています。(3)リラックスして快適な時間を過ごせるよもぎ蒸しは、快適な温熱環境を提供し、疲労の軽減、ストレスや不安の解消、筋肉の痛みを和らげる効果が期待されます。

衛生面

よもぎ蒸しでは、衛生面も重要なポイントになります。雑菌やカビが繁殖しないように、蒸し器やその周辺を清潔に保つことが大切です。また、よもぎと蒸しクッションはカビが生えないように乾燥させるようにしましょう。よもぎ蒸し後は、湿らせた布でクッションとその周辺を拭き、必ず乾燥した場所に保管してください。

よもぎ蒸しをやってはいけない場合

よもぎ蒸しは、やってはいけない時期があります。妊娠中は、蒸気で体温が上昇するため流産の危険性があります。そのため、よもぎ蒸しは妊娠中は行わないようにしましょう。

生理中は、よもぎ蒸しをしない方が良いとされています。これは、月経周期が蒸気の影響を受ける可能性があるためです。蒸気が過去の生理痛を呼び起こし、エンドルフィンが放出されることで、生理周期が阻害されることもあるのです。

お酒を飲んだ後に、よもぎ蒸しをするのは好ましくありません。アルコールが入った状態では、蒸気が体にとって過剰に作用してしまうからです。蒸気が体内の毒素を排出するので、蒸気の効果で嘔吐や気絶をしないように控えることが大切です。

まとめ

よもぎ蒸しは、寒い季節に温かくリラックスして過ごせる方法ですが、気をつけないと起こりうる問題がいくつかあります。汗や蒸気が垂れてしまうなど、起こりうるデメリットを認識し、きちんと対策することが大切です。それでも、よもぎ蒸しは健康に良い効果がたくさんあるアクティビティです。安全対策をしっかりと行い、責任を持ってよもぎ蒸しを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次