PR

NFTのデメリット

NFT-demerit

NFT(Non-Fungible Token)は、ブロックチェーン技術を利用した独自の証明書として、デジタル著作権やゲームアイテムなどを所有するために使われるものです。近年、知名度も上がってきているNFT。

本記事では、NFTのメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

目次

NFTのデメリット

①法整備が整っていない

NFTは、ブロックチェーン技術を利用したものであるため、国や地域によっては法整備が整っていないことがあります。そのため、NFTを利用するにあたり、法的リスクも存在します。また、法的な枠組みがないため、詐欺などの犯罪行為のリスクが高まる可能性もあります。

②手数料(ガス代)が上昇しやすい

NFTを利用するにあたり、ブロックチェーン上での取引には手数料(ガス代)が必要です。手数料は、出品者が自由に設定できるため、需要が高まるほど高騰しやすい仕組み。場合によっては手数料が利益を食いつぶしてしまう可能性があり、問題視されています。

③価格変動が大きい

NFTは、デジタル著作権やゲームアイテムなどを所有するためのものですが、その価値は市場によって決まります。そのため、NFTの価格は市場によって大きく変動することがあります。また、NFTは新しい技術であるため、将来的にどのような発展を迎えるかもわかりません。価格が上昇している場合は投資家にとって有益ですが、価格が突然下落した場合は大きな損失となる可能性があります。

NFTのメリット

①唯一無二の価値が保証される

NFTは、ブロックチェーン上で唯一無二の証明書として保存されるため、その価値が保証されます。たとえば、デジタルアート作品などを所有する場合、NFTを使用することで、その作品が唯一無二であることが保証されます。

②誰でも取引可能

NFTは、ブロックチェーン上で取引されるため、場所に関係なく誰でも取引できることは大きなメリットです。そのため、国や地域を問わず、世界中の人と取引ができるようになります。また、ブロックチェーン技術のおかげで、NFTの取引は簡単かつ迅速で、買い手と売り手が便利かつ安全に資産の所有権を移転することができます。

③将来的に価値が上がる可能性がある

NFTは時間の経過とともにその価値が高まる可能性を秘めています。より多くの人がNFTの可能性を認識し、取引を開始すれば、NFTの価値が高まる可能性は高くなります。このため、経験豊富なトレーダーにとっては、安く仕入れて高く売ることができる魅力的な投資先となります。つまり、NFTを所有することで、将来的にはより多くの収益を得ることもできる可能性があります。

まとめ

NFTは、デジタル資産の所有方法を一変させる画期的な技術です。ただ、信頼性の高い価値が保証されている一方で、考慮すべき欠点もあります。法整備の不足、手数料、大きな価格変動などです。しかしながら、NFTは時間の経過とともに価値を高めることができる貴重な資産となる可能性を秘めています。利用する際には、リスクを鑑みた上で利用するようにしましょう。

なお、NFTに関しては「【NFTで爆益】160円を2800倍にするために必要な思考」が参考になります。良ければ見てみて下さいね。

他のメリット・デメリットも知りたい方は以下よりどうぞ。

メリット・デメリット記事一覧へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次