PayPalのメリット・デメリット

PayPal

PayPal(ペイパル)は、米国PayPal社が提供するインターネット上の決済システムです。近年、PayPalの利用方法は多岐に渡り、認知度も上がってきています。全世界で2400万店舗、3億人以上のユーザーがいるPayPalは、オンライン決済を簡単かつ安全に行うことができる方法です。今回は、Paypalのメリット・デメリットを徹底解説します。

目次

PayPalのメリット

PayPalのメリットを紹介します。

手数料の安さ

PayPalを利用する最大のメリットは、その手数料の安さです。PayPalは他のオンライン決済サービスと比較して、手数料が非常に安いため、送金コストを抑えたい場合に最適です。海外送金の場合は、さらに手数料が安くなります。

カスタマーサポートの充実

また、PayPalのもう一つの大きな特徴は、カスタマーサポートの充実です。PayPalでは、日本語を含む多言語に対応したグローバルなカスタマーサポートを展開しています。そのため、サービスを利用する上で困ったことがあっても、簡単にヘルプを受けることができる。

高い安全性

また、PayPalは決済情報を相手に開示しないため、高い安全性を実現しています。つまり、PayPalで決済した場合、相手はどのクレジットカードや銀行口座を使っているのかを特定することができないのです。

簡単に決済を行える

また、PayPalでは、有効な電子メールアドレスがあれば決済を開始できるため、簡単に決済を行うことができます。双方がPayPalアカウントを持っていれば、支払いのやり取りはスムーズかつシンプルに行えます。

購入者保護制度

最後に、PayPalでは、PayPalで買い物をした際に、商品が届かないなどのトラブルが発生した場合に、返金を行う購入者保護制度があります。これはオンラインショッピングをする際に、お金を守るための優れた機能である。

PayPalのデメリット

一般的にはかなり便利なPayPalですが、注意しなければならないデメリットもあります。

1.分割払いの利用ができない

PayPalを利用する場合、残念ながら分割払いを利用することはできません。つまり、一度に全額を支払わなければならないので、大きな取引の場合には、最適な選択とは言えないかもしれません。

2.相手がPayPalアカウントを持っている必要がある

もう一つ気をつけなければならないのは、相手もPayPalアカウントを持っていないと取引ができないということです。あなたの顧客がPayPalアカウントを持っていない場合、これは少し邪魔になることがあります。

3.聞きなれない英単語がある場合がある

注意しなければならないのは、PayPalはアメリカのシステムであるということです。つまり、PayPalを効果的に利用するためには、聞き慣れない用語があるかもしれないということです。

4.高い為替レート

最後に、PayPalはある通貨から別の通貨に変換するときに為替レートが高いです。例えば、日本円から米ドルに交換する場合、為替レートは4%です。これは間違いなくあなたの取引にいくつかのコストを追加することができます。

PayPal(ペイパル)とは

PayPal(ペイパル)とは、アメリカのPayPal社が提供しているインターネット上の決済システムです。最近では、PayPal(ペイパル)を利用する方法が多くなっていて、全世界で利用者がいるオンライン決済サービスです。新規登録は無料で、支払い、送金、集金に利用できてとても便利。PayPalは、特に海外のオンラインショップで商品を購入する際に多く利用され、全世界で1億5千万人以上が利用している便利な決済サービスといえるでしょう。

まとめ

PayPalは、支払いを送受信するための便利で素晴らしい方法です。しかし、分割払いができない、相手がPayPalのアカウントを持っている必要がある、聞きなれない英語表記があるなど、少し不便な点もあります。また、為替レートがかなり高いので、取引回数が多い場合は、その分、加算されることもあります。これらのデメリットを踏まえた上で、PayPalがビジネスに適しているかどうかを確認することが重要です。

他のメリット・デメリットも知りたい方は以下よりどうぞ。

デメリット記事一覧へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次