PR

タイヤのインチアップのデメリット

tire inch up-demerit

今回は、愛車をカッコよくドレスアップする方法のひとつ、タイヤサイズのアップについて、メリット・デメリットをご紹介します。タイヤサイズをアップすることで、愛車の外観がよりスタイリッシュになる可能性がありますが、改造する前に知っておきたいデメリットもあります。愛車のタイヤサイズを大きくすることのメリットとデメリットについて、詳しくご紹介します。

目次

インチアップのデメリット

(1)乗り心地が悪くなる

タイヤサイズのインチアップの最大のデメリットは、乗り心地が悪くなることです。これは、タイヤサイズを大きくすると、地面からの振動を吸収するクッション性が低下することに起因しています。その結果、乗り心地が悪くなってしまうのです。

(2) 燃費が悪くなる

タイヤサイズのインチアップのもう一つのデメリットは、燃費が悪化することです。これは、ホイールが重くなることで、空気抵抗や抵抗が増加するためです。その結果、同じ速度を維持するために、より多くの燃料を消費することになります。

(3) ブレーキの効きが悪くなる

タイヤサイズを大きくすると、ブレーキの効きも悪くなります。これは、車輪が重くなり、車を停止させるのに必要な力が大きくなるためです。その結果、ブレーキの応答速度が遅くなります。

(4) 運転音が大きくなる

タイヤサイズのインチアップのもうひとつのデメリットは、走行音が大きくなることです。これは、ホイールが細くなり、幅が広くなる(接地面が大きくなる)ため、タイヤノイズが大きくなるためです。その結果、車内騒音も通常より大きくなってしまいます。

(5)注意すること

最後に、タイヤサイズを大きくする場合、安全性を確保するために、特に注意することが必要です。これには、道路状況に注意する、盗難に十分注意する、といったことが含まれます。このように、タイヤのサイズアップに伴うリスクにも気を配る必要があります。

インチアップのメリット

1)見た目の美しさ

インチアップのメリットとして、車の外観が良くなることが挙げられます。ホイールを大きくすることで、金属部分が大きくなり、よりアグレッシブでスポーティな印象を与えることができます。

(2)グリップ性能の向上

見た目の美しさだけでなく、インチアップすることでグリップ性能も向上します。接地面が増えることで、カーブやブレーキングでのグリップ力が向上します。また、濡れた路面での走行にも安心感が得られます。

(3) ハンドリングレスポンス

ホイールのインチアップは、ハンドリングレスポンスの向上にもつながります。タイヤのたわみが少なくなり、ステアリングの応答性が鋭くなります。旋回時のレスポンスが良くなり、走行時のグリップも向上します。

まとめ

結論として、タイヤサイズを大きくすることは、車の見た目を良くすることができますが、デメリットもあります。乗り心地の悪化や燃費の悪化、騒音の増加やブレーキレスポンスの低下などです。また、盗難のリスクや道路事情などにも十分な注意が必要です。このように、タイヤサイズを大きくすることのメリットとデメリットをよく検討した上で、改造を行うことが重要です。

他のメリット・デメリットも知りたい方は以下よりどうぞ。

メリット・デメリット記事一覧へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次